うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】

ストレスと病気の関係性

看護師

身体的ストレスや習慣的ストレスもうつ病や自律神経失調症の原因になります。うつ病や自律神経失調症などで障害年金を受給する場合は、自分がどの等級であるのか知る必要があります。

詳しく見る

治療方法と受給対象者

女性と看護師

うつ病で障害年金を受給したい場合、病気によって現在どのような状態であるのかをしっかり示す事が大切です。通勤や治療期間、通院頻度などもしっかりと書いておきましょう。この情報も等級判断として考慮されるからです。

詳しく見る

不支給になったら

悩む男性

障害年金は受給できるかどうかを厳しく審査される為書類や条件を提示し満たしていても不支給となってしまう可能性が高いです。うつ病での申請の場合特に不支給になってしまう可能性が高くなるので諦めずに書類を増やして申請すると申請が通る確立が高いです。

詳しく見る

ストレスの要因

ハートと聴診器

うつや自律神経失調症などがなぜ発症するのか知っていただくために、その原因についてご説明したいと思います。結論から言うと、その原因は「ストレス」なのです。ここで改めて「健康とは」どのような状態なのかについて考えてみたいと思います。健康な状態とは、身体力、免疫力、精神力の3つの力がそれぞれ良好で、お互いに好影響をし合っている状態をいい、これを「健康力」と呼びます。ここでいう身体力とは運動能力で言う体力とは違い、骨格、筋肉、関節などのバランスのことです。免疫力とは血流、リンパ、内蔵などの働きを指し、そして精神力とは、自律神経、メンタルなどのバランスのことを指します。このようなあなたの「健康力」を低下させ、つらい症状を起こさせているのがストレスなのです。その4つのストレスとは、メンタルなストレス、身体のストレス、習慣のストレス、そして環境のストレスなのです。それでは一つ一つのストレスについて考えていきましょう。

まず、メンタル面のストレスですが、一般的に言われるストレスとは、このメンタルのストレスを指していることが多いです。会社、家族、学校、ご近所などの人間関係や長距離通勤、そして親兄弟や親しい人との死別などがこれにあたります。また昇進や進学など、一見良いことに思われるようなことであっても、それがプレッシャーとして感じた場合には、精神的ストレスになってしまいます。基本的にはあなたが「嫌だ」と感じることすべてなのです。このようなメンタル面のストレスによってうつ病になってしまった場合の治療においては、このストレスを自ら「マネージメント」することが大切なことになります。このような治療のことをストレスマネージメントといいます。ストレスマネージメントとは、自分自身で心身の緊張といったストレス反応に気づき、それを解消していくことを指します。その方法としては、第一にストレス反応に対しての「気づき」を良くすることが大切です。そして第二がそのストレス反応を解消するための具体的な行動を起こすことです。この具体的な行動を起こせることによって、メンタルなストレスを解消し、うつ病を治療していくことになります。その具体的な治療法としては次のようなものがあります。 1つは自分に合ったリラクゼーション方法を見つけることです。リラクゼーションとは心身の緊張をゆるめのことです。もっとも手軽な方法としては呼吸法(腹式呼吸)があります。この治療方法を会得すれば、自宅や職場の自分の席などでも短時間で簡単に行え、自律神経失調症やうつ病の治療にもつながります。ストレッチをすることでこの「コリ」を起こすことになり、結果としてメンタルなストレスの解消され、うつ病の治療にもつながるわけです。その他にもメンタルなストレスを解消する方法はたくさんありますが、自分に合ったストレスの解消方法を見つけることはうつ病の治療を効果的にするために大切なことなのです。

2つ目は身体のストレスです。骨盤や背骨が歪んでいたり姿勢が悪かったりすると、あなたの脳にストレスを与えてしまうのです。そして背骨からは、内臓を動かす神経が出ていますので、その歪みや筋肉の硬直によって、神経が圧迫されると内臓の働きが悪くなります。結果として、自律神経失調症やうつの症状が現われてます。またパソコンやテレビゲームなどを長時間続けると、画面から発せられる光の刺激があなたの指神経を刺激し続け、交感神経に大きく傾いてしまうのです。そのため、自律神経のバランスを崩してしまい、自律神経失調症の症状が現われてしまうのです。寝る前などにスマホやゲームをしてしまうと不眠症の原因にもなるので不眠症が続くとストレスになりうつ病発症原因になります。うつ病は治療が必要な病気です。仕事や学校を休職や休学して治療を行う場合は、障害年金を申し込んでおくと休んでいる間に毎月一定額お金を受給する事ができます。

Copyright© 2019 うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】 All Rights Reserved.