うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】

治療方法と受給対象者

女性と看護師

糖尿病や貧血などの病気でもだるさや継続的な疲労感などの症状は出てきますし、低血圧の場合でも、めまいや頭痛、睡眠障害などの症状を引き起こしたりします。また、バセドウ氏病などでは、手足の震え、高血圧、どうき、心臓の頻脈、情緒不安定などの症状も伴います。うつや自律神経失調症などの症状が出た場合でも、決して自分では判断せずに必ず医療機関に赴いて、検査を受けるようにしてください。万が一、自律神経失調症やうつ病ではなく、糖尿病などであった場合に、自律神経失調症やうつ病のための治療を続けてしまった場合、糖尿病の合併症という例えば脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気のを引き起こしてしまう可能性があるためです。また、バセドウ氏病のような病気だった場合には、放射線治療などが必要で資料を怠ると死亡の原因にもなり心臓の頻脈ひいては、心房細動などに至ってしまうと脳梗塞を引き起こしてしまうこともあり得るのです。そのような可能性があるため自律神経失調症の判断は絶対に自分では行わず、その治療もご自身では絶対にしないようにして下さい。たとえ、あなたの症状が自律神経失調症であったとしても、後述しますが自分自身だけではその治療は非常に難しく、簡単に感知できるようなものでは無いのです。まずは自律神経失調症やうつ病というものがいったいなぜ起こるのか、その原因についてしっかりと把握し、その上で適切なクリニックで診断してもらい、治療を受けることが大切になるでしょう。

一般心理療法とは、カウンセリングなどを通して自分自身の事や自律神経失調症やうつ病の原因となっている事項や心理的な背景および心の中の混乱を理解させます。そして、心の中を整理してあげることで、自律神経失調症やうつ病の治療をする方法です。この方法で大切な事は、自分の問題に自分自身が気づくことで、治療はその手助けの役割を果たすのです。認知療法や行動療法の2つを組み合わせたグループカウンセリングや家族療法、および夫婦カウンセリングなどが代表的な治療方法です。また他にも、バイオフィードバック療法など心と身体の反応を利用した自律神経失調症やうつ病の治療法などもあります。

うつ病の治療はどれだけ治療を長く続けているかで症状の改善が見込まれます。仕事をしている人だと治療を受けたくても休んでしまうと治療を受けられないと治療に専念しない人は多いでしょう。ですが、治療を先延ばしにしていると状況によっては症状が悪化してしまい気がついた時には重度の症状に悩まされてしまう事になります。うつ病を治す方法として一番は休息が大切です。休息と治療にあたって障害年金の申請を行う場合まずは受給の条件をしっかり満たしてから申請しましょう。この申請を満たしていないと受給ができません。まず診察を受けた初診日に年金保険制度に加入しているかです。そして障害等級のいずれかに該当しているか、加入している年金の納付が免除期間も合わせて納付済み期間が三分の二満たしているかです。この条件を満たしていれば受給の資格はクリアとなります。次に等級についてもう少し詳しく説明していきます。まず三級に当てはまる該当者はうつ病であった場合、病気による気分障害によって意欲や行動、気分が阻害され思考能力に生涯の病相期がある。そして病状が著しくない為気分の落ち込みや意欲の減退などの症状が長く続いたり、治っては繰り返したりをしてしまい労働に支障が出てしまい制限を受ける人が該当します。二級の人は症状の持続と症状が何度も出てしまい日常生活にまでも影響を及ぼし制限を受けるような状態の人が該当します。最後の一級の人は意欲や行動、気分障害が重度で持続または何度も繰り返す事によって誰かの手助けなしでは生活を送れないといった状態の人が一級に該当されます。等級の判断基準は病院への通院状態や治療期間、勤労状況なども等級の判断に含まれます。なので申請理由には必ず生活状況以外にも会社へ通勤できているか、通院の頻度や治療期間などもしっかりと書いておきましょう。

Copyright© 2019 うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】 All Rights Reserved.