うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】

不支給になったら

悩む男性

障害年金の資格を有しているのに何故か不支給になってしまったという場合があります。その理由は大まかに分けて三つあり年金の納付要件をみたしていない、障害の度合いが軽い、初診日が特定できないという理由が特に多いようです。初診日が特定できていない場合は不支給になっても後で初診日が分かる資料などを提出できれば受給が可能な場合が多いです。なのでこの理由で不支給となっている人はもう一度初診日が分かる資料を集めてみましょう。お薬手帳や薬の説明書、領収書などが残っていれば証明書類として示しやすいです。障害の度合いが軽いという理由の場合は、提出した書類に追加で障害の程度が高い事を示す書類を提出できれば不支給が覆る事があります。うつ病の場合障害となる度合いを示す証拠が相手に伝わりづらいので最初に不支給となった場合はさらに状況を細かく書いたり、診断書などの提出をすると受給できる可能性が高いです。年金の納付要件に関してはどうしても個人の問題になってしまうので不支給になってしまっても受給にする事が難しいです。障害年金申請に困っている人は社会労務士などに頼むと受給のサポートを行ってくれますよ。社会労務士を探す場合は必ず障害年金の制度に詳しい労務士で探しましょう。

Copyright© 2019 うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】 All Rights Reserved.