うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】

ストレスと病気の関係性

看護師

身体的ストレスが原因による自律神経失調症やうつ病の場合の治療には、この身体的ストレスの原因を把握することが大切です。そして、そのストレスの原因の本を断つ必要があるのです。たとえばそれが、病気や怪我などの身体的な問題であれば、その治療に専念することが肝要です。さらには自分自身でそのストレスの原因を立つことができないのであれば家族や友人の協力は扇いだり、精神科医などの専門家の力を借りて治療することも考えていく必要があります。特に生活環境に問題がある場合には、同居する家族がいる場合、家族の理解を得ることは自律神経失調症やうつ病の治療のために非常に重要なことです。第三者の客観的な見方や考え方が加われば、より良く病気の治療方法も見つけやすくなるものです。結果として自律神経失調症やうつ病の治療が早期に可能になるのです。いずれにしても、ひとりで悶々と悩むことがないようにすることが大切です。

3つ目の自律神経失調症やうつ病の原因となるストレスは習慣のストレスです。現代社会においては24時間活動しているため、どうしても生活が不規則になりがちです。例えば夜更かしは習慣となってしまい、また、昼夜逆転の生活や食べ過ぎや偏食、または無理なダイエット、そしてさらに運動不足も生活習慣的なストレスになるのです。他にも仕事中の姿勢によっても知らぬうちにストレスになっている事があります。不規則な生活をしていることによって脳にストレスが溜まり自律神経や神経物質分泌の機能を低下させたりするのでまずは不規則な生活を改善する必要があるのです。自律神経失調症やうつ病の治療のための好ましい規則正しい生活とは、例えば、十分な睡眠をとる、食事は1日に3食きちんと食べるようにする、喫煙は控えるようにする、暴飲暴食の良いようにするなど当たり前のことですが、自分ひとりでこのような規則正しい生活に変えることが5日強い場合には、同居してる家族の協力を仰ぐことも大切です。

障害年金とは何らか怪我や病気によって障害を負ってしまい働く事や日常生活が困難だと判断された人に支給される年金です。障害年金は支給される年齢に規定がないので65歳以上を過ぎていなくても受給する事ができます。障害年金は怪我や病気により日常生活が困難であるという条件を満たしていれば一部の症病を除いたそれ以外が対象とされます。障害年金を受給する為にはまず自分がどの等級であるのか認定してもらう必要があります。主に一から三級までありますが、加入している年金制度によって等級が狭まってしまう事があるのでよく確認しておきましょう。厚生年金と共済年金に加入している人は一から三級までありますが、国民年金に加入している場合は、三級が無く一から二級のみとなります。等級によって貰える金額が違います。等級の決定は傷病の状態によって判断されます。障害年金は一部の傷病以外認められますが、うつ病は他の傷病よりも認定がされにくいです。その理由として数値として表しにくい事や症状の重度さが伝わりづらいという理由があります。他にも老齢年金や遺族年金受給者の増加により支給する年金額を抑えたい為、障害年金での新しい請求だと審査を厳しいのです。

Copyright© 2019 うつ症状で働けない【障害年金受給で治療に専念しよう】 All Rights Reserved.